Vision

To help transition Japan to a peace promoting post-carbon country while enjoying every step of the process.
僕のビジョンは、祖国日本で、平和文化を育みポストカーボン(Post-Carbon) 社会を促進してゆく事です。
化石燃料や原子力に頼らず、他国の資源を取らない、
自給自足な国へのトランジションを実現させてゆきたいです。

Friday, December 7, 2012

12.15~16 脱原発世界会議2 Nuclear Free Now Conference in Tokyo

日本語は下

Hi all, still in Doha, Qatar attending the COP 18. It's 4am and the conference has a long way to go. More on that later.

I want to invite you to the Nuclear Free Now conference in Tokyo next weekend. I'm organizing a youth session with a really diverse and active group of youth. The panelists are a girl who has been actively organizing since her teens, another teen idol who has been outspoken about nukes, a sanse-hibakusha representing a rapidly growing movement called Temporary Autonomous Zone, and a youth from Amature Riot (responsible for the largest anti-nuclear protest since 3/11). Hopefully this session will help evolve the anti-nuclear movement and get Japanese more interested in youth empowerment.

I got to sleep now but more info on the website.


Nuclear Free Now Global Conference for a Nuclear Power Free World 2

Following on from the Global Conference for a Nuclear Power Free World, held in Yokohama in January 2012 with more than 11,500 people from 30 countries participating, a second international citizens' conference will be held with the aims of realizing the abolition of nuclear power and creating a society based instead on sustainable, renewable energy.
Information about the January 2012 conference can be seen here.

NEW! Full programme for Tokyo online. See here for a PDF with details on each session, speakers and more!

When
December 15-16 (Sat & Sun)
Venue
Tosho Hall, Iino Hall and Conference Center (Room A) (Hibiya)
Themes
Several sessions on each of the themes of Nuclear Power Regulation, Lessons from Chernobyl, and Building a Nuclear Free Society will take place. See the above PDF for details!
Speakers
International experts on energy, radiation and health, nuclear issues and more will be joined by speakers from Fukushima and all over Japan - see the above linked file for full details.


こんばんは、カタールのドーハにいます。
COP 18に参加していて今は最終日の朝4時。
まだまだ温暖化交渉は続くようです。
簡単な詳細はhttp://ccwgcop18.tumblr.com/を見てください。

今回は来週の脱原発世界会議2のお誘いです。
僕はNPOグリーンアクションとして
ユースセッションを企画しています。
十代から活発に脱原発をしている女子や
最近話題のTAZ、アイドルの藤波心ちゃん、
素人の乱関係の人まで、
多様なユースを集めています。

是非参加してください!
すっごく面白くなると思います。


この実行委員会は、2012年1月14~15日にパシフィコ横浜に1万人以上を集めた「脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA」の成功を引き継ぎつつ、さらに大きな世論を起こすために2012年10月に新たに発足したものです。 2012年11月5日現在、以下の団体等が参加しています。


会場
東商ホール、イイノカンファレンスセンター(ルームA)(日比谷)

テーマ及び国際ゲスト
会議プログラムは
こちらから!

A.
原子力を規制する
  • ポール・ガンターアメリカ原子炉専門家。ビヨンド・ニュークリア
B.
チェルノブイリに学ぶ
  • アレクセイ・ヤブロコフロシアロシア科学アカデミー。『チェルノブイリ 大惨事が人々と環境に与えた影響』編著者
  • アンゲリーナ・ニャーグウクライナ「チェルノブイリの医師」協会
C.
脱原発社会のつくり方
  • キム・へジョン韓国環境運動連動/FoE韓国
  • アンドレイ・オザロフスキーリトアニア国民投票運動
  • モニカ・ゾッペイタリア国民投票運動
  • ミランダ・シュラーズドイツベルリン自由大学。独エネルギー倫理委員会メンバー
ほか多数
これらのゲストは12月14日(金)に福島視察を行うほか、一部は12月15日~16日(土日)に郡山で行われる行事(首長会議フクシマ・アクション・プロジェクト)にも参加します。

1 comment:

  1. You might be eligible for a new government sponsored solar rebate program.
    Click here to discover if you qualify now!

    ReplyDelete